自分で水道工事を行うリスクについて

水道 工事は基本的に水道工事業者に依頼するのが確実です。ただ、問題となるのはやはりその費用についてです。費用面を気にして水道業者に依頼しにくいという人もいるでしょう。自分で対応すれば、費用を抑えられるのは間違いないものの、注意しないといけない点もいくつかあります。

■配管工事を伴わない器具交換は自分対応可能

配管工事を伴わない器具交換に関しては自分で行って問題ありません。蛇口の交換や水栓パッキンの交換や便器の交換などが該当します。配管工事を伴う場合はまた話が変わっていくものです。自治体や水道局が指定した水道工事店でなければ工事はできません。大規模な修理に関しては水道指定工事店に相談のうえ、対応するようにしましょう。これは修理に失敗してしまうと水漏れ拡大の理由になってしまうこともあります。

■簡単なものだけ自分で対応

水道工事を自分で行うときのポイントになるのは簡単なものだけ自分で対応することです。修理に失敗してしまったときのリスクを考慮するのなら、最初から水道業者に依頼するのが望ましいといえます。もちろん、ある程度の専門知識も必要になるため、まずは自分で対応できるかどうかを考えることが大切です。



■まとめ
自分で水道工事を対応するにあたってのポイントになるのは簡単な器具交換であるかどうかです。簡単な器具交換の場合は自分で対応した方が費用を抑えることができることがあります。ただ、大規模な修理に関してはまったく話が異なってきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ