水道工事を自分で行ううえでの注意

水のトラブルの代表といえる箇所はキッチンです。キッチンの水道工事を行うときには自分で対応するか、専門業者に依頼するかの選択になります。どちらを選択するにしても、まずは自分で対応できるかどうかを考えるのが望ましいです。

■蛇口の交換が自分で対応可能

キッチンの水漏れはパッキンやバルブの交換で簡単に直ることもあります。蛇口の交換に関しても同様であり、交換方法はインターネットで検索をすればすぐに分かるでしょう。ただ、問題となるのは専用の工具が必要である点です。すでに持っているのならまだしも、これから用意するのなら結局かかる費用が高くなってしまうことになりかねません。既存の蛇口や給排水管の部材の規格に合わせないといけないのも注意点です。

■リスクを加味しての対応

正しい方法を選択すれば問題ないものの、蛇口の交換によって水漏れが生じた場合は自己責任となるのが注意点です。集合住宅の場合は損害賠償の義務も生じることもあります。蛇口の交換のために必要な工具の購入費用と専門業者に依頼しての費用を比較するのはもちろん、そのうえでこういったリスクについても加味しての対応をしましょう。



■まとめ
水のトラブルは自分で対応できる場合もないわけではありません。ただ、蛇口の交換のために必要な工具の購入費用とリスクがあることは覚えておきましょう。また、専門知識もある程度必要になるため、結局考えた末、水道工事業者に依頼するという人も少なくありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ