水道工事の蛇口交換は自分で対応可能

水道工事のひとつである蛇口 交換は自分で対応可能です。自分で対応すればそれだけかかる費用を抑えることができるものの、注意しないといけない点もないわけではありません。蛇口交換を自分で対応しようと思っている人は頭に入れておいた方がよいでしょう。

■蛇口交換で必要なものについて

自分で蛇口交換をする場合は、取り換え用の新しい蛇口はもちろん、シールテープ、ドライバー、スパナなどが必要になります。これらを購入する費用を考えると、水道工事業者に依頼する方が安く済むという場合もないわけではありません。




■基本的な手順について

蛇口交換の基本的な手順はそう難しいものではありません。一般的な手順を説明させていただきます。まず水道の止水栓を閉めます。次に古い蛇口を取り外し、掃除をしたうえで新しい蛇口を取り付けます。そして、止水栓を開けて完了です。蛇口から水漏れしていないことを確認すれば、問題ないと判断して大丈夫です。まったく経験がない人が対応するにしても、そう難しくはないといえます。ただ、どうしても自分では対応しきれないと判断したときには、やはり水道工事業者に依頼することを考えるべきです。料金やサービス内容、さらには実績や無料保証などを加味しての選択をするのがよいでしょう。




■まとめ
水道工事の蛇口交換は自分で対応可能であり、必要なものを用意すればそう難しくはありません。ただ、自分では対応しきれない場合は、しっかり水道工事業者に依頼することを考えましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ