素人でも水道工事ができる範囲がある

素人でも水道工事ができる範囲がある 水道工事は多くの場合で専門家に依頼して対応することになります。ただ、インターネット全盛の時代ということもあり、簡単な水道工事を行うことも可能です。手先が器用であるのはもちろん、必要な道具を持ち合わせているのなら、できないことはありません。そのため、自分で水道工事を行うという人もいるものの、法律的にやってはいけないこともあるのを覚えておかないといけません。そして、何が素人でも対応できるのかという点も頭に入れておきましょう。


■素人でも対応可能な範囲について

水道工事に必要な資格を有していなくとも、対応可能な範囲があります。蛇口の交換や便座の交換はそのひとつです。配管工事を伴わない器具の交換は大丈夫と覚えておいた方がよいでしょう。水栓パッキンの交換といった器具の修理も対応可能です。保温材や防護材のやりかえや新設、水道局で管理していない範囲についても対応できます。これらについては自分で対応することも可能で、少しでもかかる費用を抑えたいと思う人にピッタリといえます。どんな場合でもOKというわけではなく、可能な範囲であるかどうかの確認をしないといけません。

■指定工事店に依頼するのが確実
水道に関しての国家資格を有している指定工事店は、安心して依頼ができると考えて問題ありません。事業の希望によって規制が異なり、ほかの関連した法律にも適切に対応してくれます。自分で対応が可能な範囲であるかといった点においても聞いてみるのもよいでしょう。使用材料や器具類に関しても、協会の認証品でなければならないという場合もあります。施工方法に関しても加圧ポンプの使用を禁止している、止水や水道メーターの設置場所などの制限がある場合もあります。その作業の種類によってどういった資格が必要であるかも大切です。自分の敷地内なら問題ないと考える人もいるものの、申請をして許可をとらないといけない場合もあります。

■プロと素人の差について

わざわざプロに依頼せずとも、簡単な場合は素人でも必要な道具を用意して対応することは可能です。ただ、素人が対応した場合は危険性も伴ってしまうことも覚えておきましょう。簡単に付け替えればよいと思われる蛇口やパッキンの交換であっても、手順ミスひとつで大きなトラブルになってしまう可能性もあります。ガスや電気に比べると難しいことは少なくなるものの、取り付け不良による水漏れもないわけではありません。さらに、必要となる工具や部品を適切に準備することも事前に必要となります。総合的に考えて専門家に依頼した方がお得になる場合もあることを覚えておいた方がよいでしょう。誤った工具の使い方によって、水漏れを誘発する破損や欠損につながる可能性もあります。自分で対応した場合にはどうしてもミスは多くなってしまうものです。水道配管を延長する工事においても同様です。全面的にバックアップしてくれる専門家の力は大きいといえます。法律的には無資格者が自分で水道配管するのは違法という場合もあるため、迷ったときにはまず専門家に相談をしましょう。

■まとめ
水道 工事を自分で行うか専門家に依頼して行うかは大きなポイントとなる場合があります。まず考えないといけないのは、対応可能な範囲であるかどうかです。対応可能な範囲内でないのなら、専門家に依頼しての対応をすることにあります。また、自分で対応ができるにしても、工具を準備しないといけないため、総合的に考えると専門家に依頼した方がよい場合もあります。さらに、どうしても自分で対応したときにはミスも多くなってしまいます。分からないことがある場合はまずは専門家に相談したうえでの対応を心がけるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース